SSTV最新情



9月号
(9/24)

#42 JASTAアクティビティコンテスト結果発表


 今年の8月はコロナ禍ということもあり格別な1か月でしたが、

その後、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

 

 さて、今年で42回目となりましたJASTAのアクティビティ

コンテストですが、新型コロナ、天候不良等、いろいろ有った中で

たくさんのご参加を頂き、JASTAスタッフ一同、感激しており、

参加者の皆様に大変に感謝いたします。

 

 コンテストの集計が終了しましたので、結果を公表いたします。

 

 今年もJASTAの財政難で、表彰はPDFのみというご案内を

致しましたが、今年もQTC−Japanさんから、3局分の楯の

寄贈のお申し入れがございまして、今回は総合1,2位、そして

YL1位の3局の方に贈る手筈を考えております。来年以降も継続

して寄贈とのお話ですので、来年も奮ってのご参加をお願いいたし

ます。

 

★アクティビティコンテスト終了後は、SSTVの信号も見られず、

 少し寂しい状況です。コンテストとは異なった「のんびり」モード

 での楽しいSSTVのQSOを心待ちにしております。

 

              コンテスト事務局 JA2HYD 山越

 

 

 

JA部門

 

Callsign

NewFace

YL

Total Points

1

JA3OEN

 

 

67690

2

JA5PJ

 

 

34398

3

JA6GXP

 

 

24618

4

JA2PTQ

 

 

23950

5

JG1LHB

 

 

22075

6

JH8XIX

 

 

17525

7

JP3NRE

 

YL

16905

8

JA3EYP

 

 

16716

9

JA2KGQ

 

 

15183

10

JR1ENT

 

 

14444

11

JH1SLW

 

 

14190

12

JN1VNW

 

 

13248

13

JA2HYD

 

 

12351

14

JJ4JIR

 

 

11844

15

JH6DVD

 

 

11739

16

JH3MAF

 

 

11655

17

JA4JWL

 

 

11580

18

JA8AYD/1

 

 

10460

19

JP2IBL

 

 

10300

20

JH7JHX

 

 

10120

21

JH1CTV

 

 

8920

22

JE4VSC

 

 

8379

23

JF7BAO

NewFace

 

7740

24

JK3NQV

 

 

7272

25

JH1HFE

 

 

7238

26

JA1WGR

 

 

7182

27

JA1FMU

 

 

6740

28

JR3LPH

 

 

6517

29

JE3RNC

 

 

6300

30

JA3QJQ

 

 

5460

31

JA1XVY

 

 

5111

32

JA4GOC

 

 

5000

33

JA4QEJ

 

 

4860

34

JE6QZS

 

 

4826

35

JE2QLZ

 

 

4541

36

JA3GHI

 

 

4340

37

JA6FEG

NewFace

 

4200

38

JN1VFF

NewFace

 

4020

39

JA3BZO

 

 

3920

40

JA7CCG

 

 

3600

41

JH6HAZ

 

 

3546

42

JA7QOU

 

 

3477

43

JA8KGG

NewFace

 

3340

44

JA3EQC

 

 

3300

45

JA9DJX

 

 

3268

46

JA8KUY

 

 

3230

47

JH1OLB

 

 

2945

48

JA3HDN

NewFace

 

2736

49

JA8FFD

 

 

2400

50

JA1UTZ

 

 

2299

51

JA6DWO

NewFace

 

1995

52

JK3UDU

 

 

1890

53

JA1PSS

 

 

1870

54

JA6PTH

 

 

1833

55

JA6AKE

 

 

1387

56

JA3ED

 

 

1386

57

JA4DWG

 

 

1225

58

JA6RHV

NewFace

 

1044

59

JA4IAQ

 

 

893

60

JI1QYY

 

 

741

61

JA3IEZ

NewFace

 

504

62

JP7XJT

 

 

493

63

JE4MZT

NewFace

 

255

64

JS2GYN

NewFace

 

220

65

JE2DIR

 

 

210

66

8N0M

NewFace

 

200

67

JA1PTO

 

 

121

68

JA8UON

 

 

55

69

JA8BXY

 

 

30




DX部門

 

Callsign

NewFace

Total Point

1

UA0JGT

 

16968

2

UA0LKD

 

10894

3

RV6F

 

7530

4

UA0JGI

 

6164

5

R0JD

 

4186

6

UA0JFD

 

3780

7

SP9BGS

 

3634

8

SP9MRP

 

3255

9

EK3GM

 

2976

10

SQ8NGO

 

2926

11

UA6JQ

 

2025

12

HG5OGI

 

1311

13

UN7CN

 

1218

14

SQ6KBY

 

728

15

DL9YED

NewFace

527

16

RK6ART

 

240

17

I5BSV

NewFace

210

18

BG5UWF

 

192

19

BG2KAJ

 

120

20

BD4QXR

 

90

21

SP3KRE

 

36

22

OK1SLA

NewFace

28

23

PE1LDS

NewFace

24

23

SP5OXJ

NewFace

24

Check-LOG :  UT5EPP

 

  TKS JA2HYD


SSTV コンテスト受信画です

    JR1ENT,宮崎さんから、今回のコンテスト最後のレポート頂きました。

 

  TKS JR1ENT

  jR1ENT,宮崎さんから、追加を頂きました
 

  TKS JR1ENT



 JR1ENT、宮崎さんから、頂きました。
 
 

 TKS JR1ENT



  第42回 JASTA主催 SSTVアクティビティコンテスト



コロナ禍中ですが、ステイホームのためにも今年もコンテストを開催いたします。

皆様奮ってのご参加をよろしくお願いします。

期間 : 国際標準時間の8月1日(日)0時 〜 8月31日 (火)24時
                    (日本時間 8月1日 9時 〜 9月1日 9時まで)
参加資格 : アマチュ ア無線の資格を持ち、SSTVの免許を受けている局。
運用周波数 : 3.5MHz帯以上で自局に免許された周波数帯
                (電波法および郵政省令に定められた周波数帯で運用)。

なお、14MHz帯については、14.230MHz周辺はDX通信とのQRMが多いとの各国

DXerからのクレームが大きいので、14.230MHz周辺でのコンテストQSOを禁止します。14.330MHz中心に運用して下さい。海外局には、

他局からのクレーム等で禁止周波数での運用が発覚した場合は、「失格」扱いとしますとアナウンスします。

空中線電力 : 免許された電力の範囲内
                コンテストナンバー: RSV+001から始まる連番。連番の桁が足りなくなったら

桁を増やしてください。
                  例えば信号レポートが595で、期間中20局目のQSOであれば、
                     コンテストナンバーは「595020」。
ポイント : 可能なかぎり、自分の顔が写っている画像(手描きのイラストも可)に自局のコール
             サインとコンテストナンバーを入れて送信する。完全なコンテストナンバー交換をもって
              下記に示すポイント点とする。画像の白黒、カラーは問わない。コンテストでのQSOは、
              相手局と1対1とし、ラウンドQSOは認めない。海外局との交信もポイントとして認める。
              なお、同一局との交信は周波数にかかわらず一日一回のみ有効。
注意 : 同一日は、国際標準時間を基準として判定すること。時差の異なる海外局とのQSO
          において、日本時間で日付が変っていても国際標準時間で同一であればポイントとし
         て認めない。
         (1)3.5〜28MHz帯 :1点 (7MHz帯は7.1MHz以上の周波数での交信を推奨します)
         (2)50〜430MHz帯 :2点
         (3)1200MHz帯以上 :3点

マルチ : バンドに関係なく以下の項目をマルチとして計上できる。
                (1)JAのエリア(10エリア)
                (2)JAを除くDXCCエンティティ(JDはDXCCのエンティティとしカウントする)
                     DXCCエンティティ内のエリア(例えば、W1とW2の2エリア交信しても、Wとしての
                    1マルチのみ)はマルチとしてカウント出来ません。


                (3)運用日数
                   1日の運用 は1マルチとし最大10マルチ(10日以上の運用をしても10とする)。


総得点 :  (ポイントの和)×(マルチの和)。
              例えば、14MHz帯で15局、50MHz帯で8局、430MHz帯で7局、
              1200MHz帯で5局のコンテストナンバ交換した場合、交信ポイントは
                    15×1+(8+7)×2+5×3=60となる。
                    さらにマルチがJAの10エリア、DXCC 5エンティティ、運用日数12日の場合、
                    総得点は 60×(10+5+10)=1500となる。
エントリー部門 : 国内部門(J部門) :日本国内からのエントリー局
                      海外部門(S部門) :海外からのエントリー局
                   日本の局が海外カントリーから運用した場合この部門となる。
                   今回のコンテストで初めてサマリーを提出し初参加か否かの区別およびOM、YL(XYL)
                    の区別も記入願います。
賞 : 各部門、上位3位までに電子賞状をJASTAからメールにて送る。各部門参加局が10局に

満たない場合は、1位にのみ賞状を送る。
                  またニューフェース賞を、今回のコンテストが初参加の申告があった局の中から、得点が
                  1位の局に賞状を送る。
                  さらにYL(XYL)のエントリがあった場合、その中で得点が1位の局にベストYL(XYL)賞

として賞状を送る。

昨年に引き続き、QTCジャパン様から、入賞者への楯の寄贈のお話を頂きました。このため、今年も3人の方に賞状と楯を送る予定です。
 同一オペレータが、DXペディション等、国外で運用した場合は、JおよびSの2部門に
 エントリができます。

ログの提出     : ログはe-mailで提出をお願いします。
                    JASATが定めた書式のフォーマットで記入したサマリーおよびマルチに計上する交信

 ログを、下記のアドレスにe−mailで送付する。なおsubjectは自局コールサインと

して下さい。
                    コンテストルール違反、サマリ シート記入不備の場合は書類不備として扱います。
                   サマリーシートの参加部門欄 に、エントリー部門(J、またはS)、今回のコンテストが

初参加か否かの区分、 およびOM,YL(XYL)の区別を明記のこと。
                  JARLのコンテストサマリーに記入する場合、JAのエリア、DXCCカントリーのマルチは

合計して、 バンドの欄に「エリア+DXCC]と追記しマ ルチプライヤーの欄に記入して

下さい。また運用日数のマルチについては、バンドの欄に「運用日数」と追記し、マルチ

プライヤーの欄にコン テストで運用した日数を記入して下さい。
                 JASTAが定める書式については、JASTA事務局のホームページ
(本ぺージ下端)
                 を参照して下さい。MMSSTVに同梱されているMMJASTA.exeで集計すると提出書類が

簡単に作成できます
ログの締切 :
2021 年9月10日、これ以降は無効です。

ログの提出先 : e−mailの宛先
                       ja2hyd(a)jarl.com    (a)はアットマーク@です

件名(subject)は自局コールサインとすること
注意点        :・QRM防止のため、相手局を呼び出すときは、先に音声で呼び出し、応答を確認して

から画像を送信するようにしてください。
                  
 いきなり画像で呼び出すようなことは避けてください
                    ・CQを送信する際は十分にワッチし、音声で周波数が使われていない事を確認して

から送信してください。
                  ・同一局との交信はHF、VHFを問わず1日1回のポイントしか認めない。クロスバンドに

よる交信は認めない。
                  ・同一日は国際標準時間で定義する。
                  ・同時に2波以上の電波の発射によるものはポイントとしない。
                  ・ラウンドQSOを認めないので、実質少ないチャネルしか使用できない周波数帯では

長時間周波数を占有しないように運用して下さい。
                 ・バンドプランを遵守し、各局の自主的な判断で多くの局にチャンスが得られるように運用

を心掛けてください。
                 ・コンテスト中、「自分の 自画像」を送らない局との交信も得点として認めますが、可能な

限り自画像を入れた画像で交信してください  。
                 ・参加者のみなさんの良識で、サマリシートの提出を、お願いします。
結果発表 : JASTA事務局のホームページ、CQ誌等に結果を掲載予定です。
その他          : 送信画像にJASTAのロゴマークを貼り付けて使用できるよう、JASTA事務局の

ホームページ上にロゴマークを置きますので、ダウンロードし積極的にご活用くだ

さい。特定局だけとのナンバー交換を避けて多くの局との交信を、また1日でも多く

の運用を楽しんでください。


              
上記の通り1ヶ月間のコンテストを実施いたしますので、奮ってご参加ください。


 JASTAロゴマー

                                                      LOGO mark down load

                           Log sheet down load 

                           Summary sheets format down load 

 


(TKS JA2HYD)



第41回アクティビティコンテスト入賞者の方へ贈られるトロフィ

QTC-Japan様から、今年の第41回アクティビティコンテスト入賞者の方へ
贈られるトロフィの写真が届きました。ご覧のように虹色に輝く大変FBな
トロフィが2,3日の内に受賞者の皆さんの所に届くかと思います。

入賞者の方には、PDFの賞状だけをお送りする予定でしたが、QTC−
Japan様のご厚意で、今回はトロフィをお渡しすることができました。
QTC−Japan様には大変感謝いたします。なお、来年以降も
お贈り頂けると伺っております。来年も開催予定ですので、奮ってのご参加を
お願いいたします。



       TKS JA2HYD




#41 JASTAアクティビティコンテスト参加者の皆様へ

今年の酷暑は格別なものでしたが、その後、皆様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。

 さて、今年で41回目となりましたJASTAのアクティビティ
コンテストですが、2年間のブランクや新型コロナ、酷暑等、いろいろ
有った中で、たくさんのご参加を頂き、JASTAスタッフ一同、感激
しており、参加者の皆様に大変に感謝いたします。

 コンテストの集計が終了しましたので、結果を公表いたします。
JASTAのホームページでも公表いたしますので、ご覧になって
下さい。

 コンテスト再開にあたって、JASTAの財政難で、表彰はPDF
のみというご案内を致しましたが、QTC−Japanさんから、
3局分の楯の寄贈のお申し入れがございまして、今回は総合1,2位、
そして新人1位の3局の方に贈る手筈になっております。来年以降も
継続して寄贈とのお話ですので、明年からも奮ってのご参加をお願い
いたします。

★アクティビティコンテスト終了後は、SSTVの信号も見られず、
 少し寂しい状況です。コンテストとは異なった「のんびり」モード
 での楽しいSSTVのQSOを心待ちにしております。

                 コンテスト事務局 JA2HYD 山越

    コンテスト集計結果表です

TKS JA2HYD



JA1XVY,平野さんからのメッセージで

斎田さん、山田さん、心からご冥福を
お祈りいたします。
いろいろと教えていただき、また、
楽しい思い出をありがとうございました。
 
JA1XVY 平野

 TKS JA1XVY


惜別の辞

JA1BKI,斉田さんとJH1PBB,山田さんとの想い出。

私と同年配のお二人が最近、逝去されたと聞き、JASTASSTV活動を一緒にやってきた

者にとって、寂しく残念でなりません。

JA1BKI,斉田さんは、ヒロセ鰍フ一関工場の工場長をされていて、私も現役時代に、
行ったことがありますが、お互いに定年になってから
JASTAのミーティングで
SSTVをやっていることを知りいろいろお世話になりました。

海の日記念日が決まった年に、東京水産大学共催で、お台場の海岸でSSTVの移動運用した時には、
斉田さんには大変お世話になりました。

また、斉田さんの別荘予定地(?)だった、湯河原の近くのみかん園での、JASTAの野外ミーテイングもありました。
あのみかん園その後どうされたのか、聞きたかったのに・・・・。

(私は松山のみかん園の次男坊だったので,興味があります。)

田さんには、1995頃、榛名山の伊香保温泉で群馬のJASTAメンバーのお世話でミーティングをした時、
お会いしたのが最初でした。

山田さんは、三洋電機のOBだったので、同じ業界に勤めていたのと、私も1987年から8年間、
群馬の明和村にあった関係会社へ出向していたので話が合いました。

太田の金山へ移動運用していた、山田さんのことも覚えています。

1996年頃、三浦海岸近くのNECの保養所で、JASTAのミーティングをした時は、
翌日、山田さんと二人で城ケ島へ寄り道して、一緒に帰ったのも忘れ難い思い出です。


お二人のご冥福をお祈りいたします。

  To JA1BKI/Heaven  es  JH1PBB/Heaven   de JA5CU/1,Yoshi   73!


訃報のご案内

JASTAの事務局スタッフとして、長年ご尽力いただいていたJA1BKI斎田OM
におかれましては、今年の1月に入浴中に急に体調を悪くされ、そのまま帰らぬ
人となられました。新型コロナの関係もあり、スタッフ間の連絡も疎になっており、
状況が分かったのがつい最近でしたので、ご案内が遅れてしましました。
 斎田氏は自作派で鳴らされた方で、ご指導を受けられた方も多いのではないか
と思います。また、白黒SSTVのスキャンコンバータやキャラジェネの製作に
おいて、コネクタやキーボード等の入手にお世話になったSSTVerも多いかと思い
ます。
 ここに氏の生前の偉功に感謝するとともに、ご冥福をお祈りいたします。
 
                                     JA2HYD  山越 俊廣


JR1ENT,宮崎さんから、コンテストレポート頂きました。



 TKS JR1ENT



UA0A-Yuriさんとのコンテストナンバー交換について

アクティビティコンテストも半分を過ぎました。各局、暑さにめげず
頑張っておられることと思います。
 
さて、コンテストにアクティブなUA0A-Yuriさんからメールが届きました。
  「De ua0a. sstv test 75 QSO in log  Delete sorry.」
残念ながら、75QSOsのログデータを消失してしまわれたようです。
申し訳ないが、ゼロから再スタートして欲しい旨の返信をしました。
各局におかれては、彼からのコンテストナンバーが若番になるなど
チグハグになっても、そのままログインしてください。
 
               コンテスト事務局 JA2HYD 山越
 
 



第41回 JASTA主催 SSTVアクティビティコンテスト



コンテスト事務局のJA3WZT田辺さんの体調不良で、2018年から2019年までの2年間、
アクティビティコンテストを中止しておりました。今回、JA2HYDが事務局代理で行うことになりました。
これまでのようなコンテスト運用は出来ないと思いますが、頑張りますので、皆様よろしくお願いします。


期間 : 国際標準時間の8月1日(月)0時 〜 8月31日 (水)24時
                    (日本時間 8月1日 9時 〜 9月1日 9時まで)
参加資格 : アマチュ ア無線の資格を持ち、SSTVの免許を受けている局。
運用周波数 : 3.5MHz帯以上で自局に免許された周波数帯
                (電波法および郵政省令に定められた周波数帯で運用)。

なお、14MHz帯については、14.230MHz周辺はDX通信とのQRMが多いとの各国

DXerからのクレームが大きいので、14.330MHz中心で運用すること。

空中線電力 : 免許された電力の範囲内
                コンテストナンバー: RSV+001から始まる連番。連番の桁が足りなくなったら

桁を増やしてください。
                  例えば信号レポートが595で、期間中20局目のQSOであれば、
                     コンテストナンバーは「595020」。
ポイント : 可能なかぎり、自分の顔が写っている画像(手描きのイラストも可)に自局のコール
             サインとコンテストナンバーを入れて送信する。完全なコンテストナンバー交換をもって
              下記に示すポイント点とする。画像の白黒、カラーは問わない。コンテストでのQSOは、
              相手局と1対1とし、ラウンドQSOは認めない。海外局との交信もポイントとして認める。
              なお、同一局との交信は周波数にかかわらず一日一回のみ有効。
注意 : 同一日は、国際標準時間を基準として判定すること。時差の異なる海外局とのQSO
          において、日本時間で日付が変っていても国際標準時間で同一であればポイントとし
         て認めない。
         (1)3.5〜28MHz帯 :1点 (7MHz帯は7.1MHz以上の周波数での交信を推奨します)
         (2)50〜430MHz帯 :2点
         (3)1200MHz帯以上 :3点

マルチ : バンドに関係なく以下の項目をマルチとして計上できる。
                (1)JAのエリア(10エリア)
                (2)JAを除くDXCCエンティティ(JDはDXCCのエンティティとしカウントする)
                     DXCCエンティティ内のエリア(例えば、W1とW2の2エリア交信しても、Wとしての
                    1マルチのみ)はマルチとしてカウント出来ません。
                (3)運用日数
                   1日の運用 は1マルチとし最大10マルチ(10日以上の運用をしても10とする)。


総得点 :  (ポイントの和)×(マルチの和)。
              例えば、14MHz帯で15局、50MHz帯で8局、430MHz帯で7局、
              1200MHz帯で5局のコンテストナンバ交換した場合、交信ポイントは
                    15×1+(8+7)×2+5×3=60となる。
                    さらにマルチがJAの10エリア、DXCC 5エンティティ、運用日数12日の場合、
                    総得点は 60×(10+5+10)=1500となる。
エントリー部門 : 国内部門(J部門) :日本国内からのエントリー局
                      海外部門(S部門) :海外からのエントリー局
                   日本の局が海外カントリーから運用した場合この部門となる。
                   今回のコンテストで初めてサマリーを提出し初参加か否かの区別およびOM、YL(XYL)
                    の区別も記入願います。
賞 : 各部門、上位3位までに電子賞状をJASTAからメールにて送る。各部門参加局が10局に

満たない場合は、1位にのみ賞状を送る。
                  またニューフェース賞を、今回のコンテストが初参加の申告があった局の中から、得点が
                  1位の局に賞状を送る。
                  さらにYL(XYL)のエントリがあった場合、その中で得点が1位の局にベストYL(XYL)賞

として賞状を送る。
                 同一オペレータが、DXペディション等、国外で運用した場合は、JおよびSの2部門に
                  エントリができます。
ログの提出     : ログはe-mailで提出をお願いします。
                    JASATが定めた書式のフォーマットで記入したサマリーおよびマルチに計上する交信

 ログを、下記のアドレスにe−mailで送付する。なおsubjectは自局コールサインと

して下さい。
                    コンテストルール違反、サマリ シート記入不備の場合は書類不備として扱います。
                   サマリーシートの参加部門欄 に、エントリー部門(J、またはS)、今回のコンテストが

初参加か否かの区分、 およびOM,YL(XYL)の区別を明記のこと。
                  JARLのコンテストサマリーに記入する場合、JAのエリア、DXCCカントリーのマルチは

合計して、 バンドの欄に「エリア+DXCC]と追記しマ ルチプライヤーの欄に記入して

下さい。また運用日数のマルチについては、バンドの欄に「運用日数」と追記し、マルチ

プライヤーの欄にコン テストで運用した日数を記入して下さい。
                 JASTAが定める書式については、JASTA事務局のホームページ
(本ぺージ下端)
                 を参照して下さい。MMSSTVに同梱されているMMJASTA.exeで集計すると提出書類が

簡単に作成できます
ログの締切 :
2020 年9月10日、これ以降は無効です。

ログの提出先 : e−mailの宛先
                       ja2hyd(a)jarl.com    (a)はアットマーク@です

コンテスト後、大量のメールとファイルが届きます。ミス防止とと作業性を考慮しsubject(件名)と
サマリー/ログの添付ファイルの両方の名前を自局のコール
サインとすること。

注意点     : ・QRM防止のため、相手局を呼び出すときは、先に音声で呼び出し、応答を確認して

から画像を送信するようにしてください。
                  
 いきなり画像で呼び出すようなことは避けてください
                    ・CQを送信する際は十分にワッチし、音声で周波数が使われていない事を確認して

から送信してください。
                  ・同一局との交信はHF、VHFを問わず1日1回のポイントしか認めない。クロスバンドに

よる交信は認めない。
                  ・同一日は国際標準時間で定義する。
                  ・同時に2波以上の電波の発射によるものはポイントとしない。
                  ・ラウンドQSOを認めないので、実質少ないチャネルしか使用できない周波数帯では

長時間周波数を占有しないように運用して下さい。
                 ・バンドプランを遵守し、各局の自主的な判断で多くの局にチャンスが得られるように運用

を心掛けてください。
                 ・コンテスト中、「自分の 自画像」を送らない局との交信も得点として認めますが、可能な

限り自画像を入れた画像で交信してください  。
                 ・参加者のみなさんの良識で、サマリシートの提出を、お願いします。
結果発表 : JASTA事務局のホームページ、CQ誌等に結果を掲載予定です。
その他     : 送信画像にJASTAのロゴマークを貼り付けて使用できるよう、JASTA事務局の

ホームページ上にロゴマークを置きますので、ダウンロードし積極的にご活用くだ

さい。特定局だけとのナンバー交換を避けて多くの局との交信を、また1日でも多く

の運用を楽しんでください。


              
上記の通り、1ヶ月間のコンテストを実施いたしますので、奮ってご参加ください。

 JASTA logo & sheets down load

                           LOGO mark down load

                           Log sheet down load 

                           Summary sheets format down load 

TKS JA2HYD


2020新春SSTVミーティングin秋葉原開催


21()、秋葉原駅に近い“肉の万世“にて、

19名参加のもと賑やかにに開催されました。

直近2年は横浜中華街で開催でしたので、懐かしい

我が家に帰ってきたような感じがしました。

正午、世話人のJJ1JWE神戸さんの挨拶あり、

司会が、JI1JRE武藤さんにバトンタッチされました。

JR1ENT宮崎さんの乾杯で宴が始まりました。

JASTAからは、山越さんの伝言が披露されました。

40回で中止になっていたSSTVアクティビティ

コンテストですが、ご希望が多いので再会を検討して

いますということでした。ぜひ期待したいところです。

前後しますが、昨年の暮れお亡くなりになられたJASTA

元会計のJA1EO小林喬さんに全員で黙とうを捧げました。

長い間、お世話になりまして、有難うございました。

その後、自己紹介、SSTV談義で盛り上がりましたが

皆さん、異口同音にぼやかれたのはコンディションの悪さでした。

2,30年前のコンディションが夢のような昨近です。

お世話いただいた神戸さん、参加局有難うございました。

電気街では秋月、千石ともに元気でやっていました。

参加各局

JA1F.LG,JA1FMU,JA1GVM,JA1MEJ,JA1OZK,JA1XVY,

JR1ENT,JJ1JWE,JI1JRE,JI1MDE,JI1QYY,JK1KMR,JN1VNW,

7K3MHZ,7N1SFT,JA6FOD/1,JA6OSL/1,JA7QM,JA8AYD/1

JA1XVY 平野




20年04月
18年12月
17年04月
16年10月
16年04月
15年08月
15年02月
14年11月
14年03月
12年09月
12年05月
12年02月
11年10月
10年12月
10年11月
10年08月
10年05月

09年09月
09年08月
09年02月
08年12月
08年08月
08年05月

08年02月
07年09月
07年06月
07年05月
07年03月
06年11月
06年09月
06年07月
06年03月
06年02月
05年12月
05年11月
05年10月
05年08月
05年07月
05年06月



このページへの掲載情報大募集!

このページに掲載したいミーティング、講習会、移動運用、DXペディション、新製品、ソフトなどの情報がありましたら、内容を整理して掲載文面を作成し、テキストファイルで送ってください。もし掲載したい画像があればJPG又はGIFファイルを添付してください。
ここの情報については投稿者の責任においてお願いします。また新聞・雑誌などの記事そのままであったり、カタログ情報であったり、商業目的であったり、あるいはこのホームページの趣旨にそぐわないと判断される場合は、掲載をお断りすることがあります。
なおアップデートは月2回程度で考えていますので、直前の情報は間に合わない場合があります。十分時間の余裕をもって連絡してください。

JASTA事務局へのE−Mailはここをクリックしてください。

(de JA2HYD/1)

Home Pageへ



JASTA事務局