SSTV最新情



4月号
(4/08)

第41回 JASTA主催 SSTVアクティビティコンテスト



コンテスト事務局のJA3WZT田辺さんの体調不良で、2018年から2019年までの2年間、
アクティビティコンテストを中止しておりました。今回、JA2HYDが事務局代理で行うことになりました。
これまでのようなコンテスト運用は出来ないと思いますが、頑張りますので、皆様よろしくお願いします。


期間 : 国際標準時間の8月1日(月)0時 〜 8月31日 (水)24時
                    (日本時間 8月1日 9時 〜 9月1日 9時まで)
参加資格 : アマチュ ア無線の資格を持ち、SSTVの免許を受けている局。
運用周波数 : 3.5MHz帯以上で自局に免許された周波数帯
                (電波法および郵政省令に定められた周波数帯で運用)。

なお、14MHz帯については、14.230MHz周辺はDX通信とのQRMが多いとの各国

DXerからのクレームが大きいので、14.330MHz中心で運用すること。

空中線電力 : 免許された電力の範囲内
                コンテストナンバー: RSV+001から始まる連番。連番の桁が足りなくなったら

桁を増やしてください。
                  例えば信号レポートが595で、期間中20局目のQSOであれば、
                     コンテストナンバーは「595020」。
ポイント : 可能なかぎり、自分の顔が写っている画像(手描きのイラストも可)に自局のコール
             サインとコンテストナンバーを入れて送信する。完全なコンテストナンバー交換をもって
              下記に示すポイント点とする。画像の白黒、カラーは問わない。コンテストでのQSOは、
              相手局と1対1とし、ラウンドQSOは認めない。海外局との交信もポイントとして認める。
              なお、同一局との交信は周波数にかかわらず一日一回のみ有効。
注意 : 同一日は、国際標準時間を基準として判定すること。時差の異なる海外局とのQSO
          において、日本時間で日付が変っていても国際標準時間で同一であればポイントとし
         て認めない。
         (1)3.5〜28MHz帯 :1点 (7MHz帯は7.1MHz以上の周波数での交信を推奨します)
         (2)50〜430MHz帯 :2点
         (3)1200MHz帯以上 :3点

マルチ : バンドに関係なく以下の項目をマルチとして計上できる。
                (1)JAのエリア(10エリア)
                (2)JAを除くDXCCエンティティ(JDはDXCCのエンティティとしカウントする)
                     DXCCエンティティ内のエリア(例えば、W1とW2の2エリア交信しても、Wとしての
                    1マルチのみ)はマルチとしてカウント出来ません。
                (3)運用日数
                   1日の運用 は1マルチとし最大10マルチ(10日以上の運用をしても10とする)。


総得点 :  (ポイントの和)×(マルチの和)。
              例えば、14MHz帯で15局、50MHz帯で8局、430MHz帯で7局、
              1200MHz帯で5局のコンテストナンバ交換した場合、交信ポイントは
                    15×1+(8+7)×2+5×3=60となる。
                    さらにマルチがJAの10エリア、DXCC 5エンティティ、運用日数12日の場合、
                    総得点は 60×(10+5+10)=1500となる。
エントリー部門 : 国内部門(J部門) :日本国内からのエントリー局
                      海外部門(S部門) :海外からのエントリー局
                   日本の局が海外カントリーから運用した場合この部門となる。
                   今回のコンテストで初めてサマリーを提出し初参加か否かの区別およびOM、YL(XYL)
                    の区別も記入願います。
賞 : 各部門、上位3位までに電子賞状をJASTAからメールにて送る。各部門参加局が10局に

満たない場合は、1位にのみ賞状を送る。
                  またニューフェース賞を、今回のコンテストが初参加の申告があった局の中から、得点が
                  1位の局に賞状を送る。
                  さらにYL(XYL)のエントリがあった場合、その中で得点が1位の局にベストYL(XYL)賞

として賞状を送る。
                 同一オペレータが、DXペディション等、国外で運用した場合は、JおよびSの2部門に
                  エントリができます。
ログの提出     : ログはe-mailで提出をお願いします。
                    JASATが定めた書式のフォーマットで記入したサマリーおよびマルチに計上する交信

 ログを、下記のアドレスにe−mailで送付する。なおsubjectは自局コールサインと

して下さい。
                    コンテストルール違反、サマリ シート記入不備の場合は書類不備として扱います。
                   サマリーシートの参加部門欄 に、エントリー部門(J、またはS)、今回のコンテストが

初参加か否かの区分、 およびOM,YL(XYL)の区別を明記のこと。
                  JARLのコンテストサマリーに記入する場合、JAのエリア、DXCCカントリーのマルチは

合計して、 バンドの欄に「エリア+DXCC]と追記しマ ルチプライヤーの欄に記入して

下さい。また運用日数のマルチについては、バンドの欄に「運用日数」と追記し、マルチ

プライヤーの欄にコン テストで運用した日数を記入して下さい。
                 JASTAが定める書式については、JASTA事務局のホームページ
(本ぺージ下端)
                 を参照して下さい。MMSSTVに同梱されているMMJASTA.exeで集計すると提出書類が

簡単に作成できます
ログの締切 :
2020 年9月10日、これ以降は無効です。

ログの提出先 : e−mailの宛先
                       ja2hyd(a)jarl.com    (a)はアットマーク@です

コンテスト後、大量のメールとファイルが届きます。ミス防止とと作業性を考慮しsubject(件名)と
サマリー/ログの添付ファイルの両方の名前を自局のコール
サインとすること。

注意点     : ・QRM防止のため、相手局を呼び出すときは、先に音声で呼び出し、応答を確認して

から画像を送信するようにしてください。
                  
 いきなり画像で呼び出すようなことは避けてください
                    ・CQを送信する際は十分にワッチし、音声で周波数が使われていない事を確認して

から送信してください。
                  ・同一局との交信はHF、VHFを問わず1日1回のポイントしか認めない。クロスバンドに

よる交信は認めない。
                  ・同一日は国際標準時間で定義する。
                  ・同時に2波以上の電波の発射によるものはポイントとしない。
                  ・ラウンドQSOを認めないので、実質少ないチャネルしか使用できない周波数帯では

長時間周波数を占有しないように運用して下さい。
                 ・バンドプランを遵守し、各局の自主的な判断で多くの局にチャンスが得られるように運用

を心掛けてください。
                 ・コンテスト中、「自分の 自画像」を送らない局との交信も得点として認めますが、可能な

限り自画像を入れた画像で交信してください  。
                 ・参加者のみなさんの良識で、サマリシートの提出を、お願いします。
結果発表 : JASTA事務局のホームページ、CQ誌等に結果を掲載予定です。
その他     : 送信画像にJASTAのロゴマークを貼り付けて使用できるよう、JASTA事務局の

ホームページ上にロゴマークを置きますので、ダウンロードし積極的にご活用くだ

さい。特定局だけとのナンバー交換を避けて多くの局との交信を、また1日でも多く

の運用を楽しんでください。


              
上記の通り、1ヶ月間のコンテストを実施いたしますので、奮ってご参加ください。

 JASTA logo & sheets down load

                           LOGO mark down load

                           Log sheet down load 

                           Summary sheets format down load 

TKS JA2HYD


2020新春SSTVミーティングin秋葉原開催


21()、秋葉原駅に近い“肉の万世“にて、

19名参加のもと賑やかにに開催されました。

直近2年は横浜中華街で開催でしたので、懐かしい

我が家に帰ってきたような感じがしました。

正午、世話人のJJ1JWE神戸さんの挨拶あり、

司会が、JI1JRE武藤さんにバトンタッチされました。

JR1ENT宮崎さんの乾杯で宴が始まりました。

JASTAからは、山越さんの伝言が披露されました。

40回で中止になっていたSSTVアクティビティ

コンテストですが、ご希望が多いので再会を検討して

いますということでした。ぜひ期待したいところです。

前後しますが、昨年の暮れお亡くなりになられたJASTA

元会計のJA1EO小林喬さんに全員で黙とうを捧げました。

長い間、お世話になりまして、有難うございました。

その後、自己紹介、SSTV談義で盛り上がりましたが

皆さん、異口同音にぼやかれたのはコンディションの悪さでした。

2,30年前のコンディションが夢のような昨近です。

お世話いただいた神戸さん、参加局有難うございました。

電気街では秋月、千石ともに元気でやっていました。

参加各局

JA1F.LG,JA1FMU,JA1GVM,JA1MEJ,JA1OZK,JA1XVY,

JR1ENT,JJ1JWE,JI1JRE,JI1MDE,JI1QYY,JK1KMR,JN1VNW,

7K3MHZ,7N1SFT,JA6FOD/1,JA6OSL/1,JA7QM,JA8AYD/1

JA1XVY 平野




20年04月
18年12月
17年04月
16年10月
16年04月
15年08月
15年02月
14年11月
14年03月
12年09月
12年05月
12年02月
11年10月
10年12月
10年11月
10年08月
10年05月

09年09月
09年08月
09年02月
08年12月
08年08月
08年05月

08年02月
07年09月
07年06月
07年05月
07年03月
06年11月
06年09月
06年07月
06年03月
06年02月
05年12月
05年11月
05年10月
05年08月
05年07月
05年06月



このページへの掲載情報大募集!

このページに掲載したいミーティング、講習会、移動運用、DXペディション、新製品、ソフトなどの情報がありましたら、内容を整理して掲載文面を作成し、テキストファイルで送ってください。もし掲載したい画像があればJPG又はGIFファイルを添付してください。
ここの情報については投稿者の責任においてお願いします。また新聞・雑誌などの記事そのままであったり、カタログ情報であったり、商業目的であったり、あるいはこのホームページの趣旨にそぐわないと判断される場合は、掲載をお断りすることがあります。
なおアップデートは月2回程度で考えていますので、直前の情報は間に合わない場合があります。十分時間の余裕をもって連絡してください。

JASTA事務局へのE−Mailはここをクリックしてください。

(de JA2HYD/1)

Home Pageへ



JASTA事務局